砕氷艦「しらせ」のフリーマントル港寄港

2018/11/30

11月25日~11月30日、砕氷艦「しらせ」がフリーマントル港に寄港しました。寄港中、「しらせ」は食糧や燃料の補給を行い、また第60次南極観測隊員が乗艦し、南極の昭和基地に向かう最終的な準備を行いました。「しらせ」は過去53年間ほぼ毎年フリーマントルに寄港しており,多くの当地在留邦人等の出迎え、見送りを受けました。

 

寄港中、宮崎艦長や堤観測隊長は、フリーマントル市、スターリング海軍基地司令を表敬訪問しました。また、西豪州日本人会忘年会での南極調査の説明や、パース日本人学校児童・生徒への特別公開も行いました。

 

11月28日には、「しらせ」艦上においてレセプションが行われ、オドネル西豪州議会日本友好議連幹事を始めとして日・豪の関係者約190人が参加しました。艦上では鏡割りや太鼓音による和太鼓演奏も行われ,和やかな雰囲気の中で,出席者は「しらせ」艦員や観測隊員と懇談し,「しらせ」及び第60次南極観測隊の任務の成功を祈りました。