西豪州政府によるパンデミックからの安全移行計画の発表について(COVID-19関連)

2021/11/5
【ポイント】
●5日(金)、西豪州政府は、コロナパンデミックからの安全移行計画を発表しました。この計画では、国境・州境管理が緩和され、全ての管轄地域からの旅行が可能となりますが、検査とワクチン接種が必要となります。

【本文】
1 5日(金)、西豪州政府は、コロナパンデミックからの安全移行計画を発表しました。本計画では、国境・州境管理が緩和され、全ての管轄地域からの旅行が可能となりますが、検査とワクチン接種が必要となります。この計画は、12歳以上の州民の90%が2回接種を終えた時点で移行するとしています。また、具体的な移行日は80%接種を達成した後に設定されます。
 
2 安全移行計画は、州間および海外からの旅行の安全な条件を示し、COVID-19が西オーストラリア州の地域社会に入ってきたときに、基本的な公衆衛生および社会的措置を導入することで、ビジネスや西オーストラリア州の生活を安全に継続できる確実性を提供するものとしています。
 
3 その他詳細については下記メディアステートメント及びWA政府にご確認下さい。
https://www.mediastatements.wa.gov.au/Pages/McGowan/2021/11/WAs-Safe-Transition-Plan-to-provide-a-soft-landing-out-of-pandemic.aspx