離婚届

日本人同士の協議離婚

日本国内と同様に当館に離婚届を提出することにより離婚が成立します。

  • 届け出方法

在外公館の領事窓口へ直接届け出る(在外公館へ郵送することも可能です。)。

郵送で届け出される場合は,途中の紛失を無くすため,安全かつ確実な書留郵便(REGISTERED POST)にて送付して下さい。また,必ず提出期限内に到着するよう余裕をもって送付いただきますようお願いいたします(届け出書類が郵送途中で紛失した場合の責任は負いかねますのであらかじめご了承願います。)。郵送によるお届けをされる場合は,郵送によるお届け方法を必ずお読み下さい。

※ 在外公館に届出した場合,戸籍の登載に約2ヶ月を要します。戸籍への登載をお急ぎの場合は,本籍地市区町村にお問い合わせの上,直接届出を行って下さい。

  • 必要書類
  1. 離婚届(当館領事窓口でご用意しております) 3通(注)
  2. 戸籍謄本(発行されてから3ヶ月以内のもの) 3通(注)   
  3. 夫と妻のそれぞれの旅券

(注)婚姻前の氏に戻る者が,婚姻中の本籍地と同じ市区町村に新本籍を設けるときは2通

  • 様式等のダウンロード

   離婚届(PDF)

日本人同士の離婚で未成年の子がいる場合,離婚届にどちらの親が親権者になるかを記載することになりますが,親権者が母親の場合でも子どもは引き続き父親の戸籍に残ります。母親の戸籍に子どもを入籍させるためには,日本の家庭裁判所に申し立てる必要があります。

 

日本人同士の裁判離婚

オーストラリアの裁判所で離婚の裁判が確定した後で在外公館に離婚届を提出することにより日本での離婚が成立します。

  • 届け出方法

在外公館の領事窓口へ直接届け出る(在外公館へ郵送することも可能です。)。

郵送で届け出される場合は,途中の紛失を無くすため、安全かつ確実な書留郵便(REGISTERED POST)にて送付して下さい。また,必ず提出期限内に到着するよう余裕をもって送付いただきますようお願いいたします(届け出書類が郵送途中で紛失した場合の責任は負いかねますのであらかじめご了承願います。)。郵送によるお届けをされる場合は,郵送によるお届け方法を必ずお読み下さい。

※ 在外公館に届出した場合,戸籍の登載に約2ヶ月を要します。戸籍への登載をお急ぎの場合は,本籍地市区町村にお問い合わせの上,直接届出を行って下さい。

  • 必要書類
  1. 離婚届(当館領事窓口にでご用意しております) 3通(注)
  2. 戸籍謄本(発行されてから3ヶ月以内のもの) 3通(注)
  3. 離婚証明書(Divorce Order) 2通
  4. 裁判所発行の離婚申請書(Application for Divorce) 1通
  5. (届け出る者が離婚判決上原告の場合のみ)送達承認書(Acknowledgement of service)及び送達証明書(Affidavit of Service)  各1通
  6. 提出書類の翻訳文(届出に必要な書類のうち,外国政府が発行した証明書及び旅券等の翻訳文をご用意願います。翻訳文はどなたが作成したもので差し支えありませんが,余白に「翻訳者:氏名」を記載して下さい。)

(注)婚姻前の氏に戻る者が,婚姻中の本籍地と同じ市区町村に新本籍を設けるときは2通

  • 様式等のダウンロード

   離婚届(PDF)

日本人同士の離婚で未成年の子がいる場合,離婚届にどちらの親が親権者になるかを記載することになりますが,親権者が母親の場合でも子どもは引き続き父親の戸籍に残ります。母親の戸籍に子どもを入籍させるためには,日本の家庭裁判所に申し立てる必要があります。

 

外国人との裁判離婚

在外公館では,日本人と外国人の協議離婚届を受理することはできません。そのため,外国人配偶者と離婚するためには,オーストラリアの裁判所で離婚を成立させる必要があります。裁判所で離婚の裁判が確定した後,在外公館に離婚届を提出することにより日本での離婚が成立します。

  • 届け出方法

在外公館の領事窓口へ直接届け出る(在外公館へ郵送することも可能です。)。

郵送で届け出される場合は,途中の紛失を無くすため、安全かつ確実な書留郵便(REGISTERED POST)にて送付して下さい。また,必ず提出期限内に到着するよう余裕をもって送付いただきますようお願いいたします(届け出書類が郵送途中で紛失した場合の責任は負いかねますのであらかじめご了承願います。)。郵送によるお届けをされる場合は,郵送によるお届け方法を必ずお読み下さい。

※ 在外公館に届出した場合,戸籍の登載に約2ヶ月を要します。戸籍への登載をお急ぎの場合は,本籍地市区町村にお問い合わせの上,直接届出を行って下さい。

  • 必要書類
  1. 離婚届(当館領事窓口でご用意しております) 2通
  2. 戸籍謄本(発行されてから3ヶ月以内のもの) 2通
  3. 届出人の旅券
  4. 離婚証明書(Divorce Order) 2通
  5. 裁判所発行の離婚申請書(Application for Divorce)1通
  6. (届け出る者が離婚判決上原告の場合のみ)送達承認書(Acknowledgement of service)及び送達証明書(Affidavit of Service)  各1通
  7. 提出書類の翻訳文(届出に必要な書類のうち,外国政府が発行した証明書及び旅券等の翻訳文をご用意願います。翻訳文はどなたが作成したもので差し支えありませんが,余白に「翻訳者:氏名」を記載して下さい。)
  • 様式等のダウンロード

   離婚届(PDF)

 

  • 関連する主な手続き等
外国人との離婚による氏の変更届

婚姻前の氏(姓)に戻したい場合,離婚が成立した日から3ヶ月以内に届け出ることで変更ができます。なお,離婚成立日から3ヶ月を超えると,日本の家庭裁判所での改姓手続きが必要になります。

  • 必要書類
  1. 外国人との離婚による氏の変更届(当館領事窓口にご用意しております)2通
  2. 旅券
  3. 離婚事項が記載された戸籍謄本 (発行されてから3ヶ月以内のもの) 2通

※ 離婚届と同時に届け出る場合は,戸籍謄本の提出を省略することができます。

  • 様式のダウンロード

  外国人との離婚による氏の変更届(107-3)(PDF)

子の入籍届

離婚により氏を変更する者の戸籍に同籍する子を,氏を変更した者の戸籍に入籍させたい場合は入籍届を提出する必要があります。なお,子が15歳未満で,親権者が父母双方の場合には,入籍届にもう一方の親の署名及び旅券の提示が必要となりますのでご注意下さい。

  • 必要書類
  1. 入籍届(当館窓口にご用意しております) 2通
  2. 戸籍謄本 2通(注)

(注)従前の本籍地と異なる市区町村にある戸籍に入籍する場合は各3通

※ 離婚届又は氏の変更届と同時に届け出る場合は、戸籍謄本の提出を省略することができます。

  • 様式のダウンロード

  入籍届(PDF)