日本の現状に関する討論会への平山総領事の参加


平成29年11月
在パース総領事館

 

日本の現状に関する討論会への平山総領事の参加

 

 

10月31日、アジアリンクビジネス及びプライスウォーターハウスクーパーズ(PwC)の共催により、日本の現状に関する討論会が開催され、平山総領事、合田三菱商事パース支店長及びアンダーソン西豪州大学副学長がパネリストとして参加しました。
討論会では、日本と西豪州や豪州全体の関係の現状や今後の関係強化や交流拡大などについて意見交換が行われました。討論会には日豪双方の経済関係者や州政府、地方自治体関係者、大学関係者等約70名が出席しました。